安田章大さんが東京五輪聖火ランナーに内定!選考理由と病気のその後は?

こんにちは!オレンジみかんです。

人気アイドルグループ、関ジャニ∞の安田章大さんが2020年東京五輪の聖火リレーで兵庫県内を走るランナーの1人に選ばれました!

安田章大さんといえば、2018年7月「髄膜種」という病気を患い、腫瘍摘出手術を受けていたことを公表して話題になりました。

一時期は芸能活動もセーブしていたようですが、そんな中、聖火ランナーに選ばれた選考理由は何だったのでしょうか?また病気のその後、現在の病状はどうなのでしょうか?
気になったので調べてみました!

安田章大 プロフィール

生年月日 1984年9月11日
出身地 兵庫県尼崎市
2002年 関ジャニ∞結成
2004年 「浪花いろは節」でCDデビュー
関ジャニ∞では主にリードギター、リードボーカルを担当。

安田章大さんの病気と現在の病状は?

安田さんが髄膜種の腫瘍摘出手術を受けたのは、2017年2月上旬。

当初は手術を受けたことは公表しないつもりでいたようですが、2018年4月9日に自宅で立ちくらみを起こして転倒し、背中と腰に全治3か月の骨折を負ってしまいました。

その後、4月15日に行われた渋谷すばるさんの脱退会見の際、関ジャニ∞メンバー全員が会見に出席した中、1人欠席せざるを得なかった安田さん。

当時は病状は大きく発表されておりませんでしたが、渋谷さん脱退という大きな出来事も重なり、心配しているファンに向けて、きちんと真実を話したいという思いがあったのでしょう。
ファンクラブサイト内の動画メッセージにて、安田さん本人に口から、実は髄膜種の摘出手術を受けていたこと、骨折をしていたことを公表しました。

そんな中、安田さんの体調が全快しないまま行われた、渋谷さんが脱退して関ジャニ∞6人での初のコンサートツアー。

キレのあるダンスが魅力の安田さんでしたが、思うように動けない、ダンスも踊れない中、それでも心配してくれているファンのみんなに顔を見せることがファンへの誠意だと、5大ドームツアーをやり切りました。

そして翌年の2019年、安田さんは主演舞台「マニアック」で歌やダンス、腰を曲げる前屈のようなポーズも見せていました。

この姿に世間では、安田くんはもう完全復活したの?と思われていたようですが、実際は完全復活とは程遠く、身体のメンテナンスをしながら舞台に挑んでいたとのこと。

安田さん自身、公式ブログの中でも

完全復活ってのはない

と話しています。

まだ毎日、過去の自分の身体には戻れてないから、悔しさや葛藤はあるし、情けねーなーってもなるし、でも最大限できるケアをしながらやってるんだ

病気とケガをしたということは、どれだけの代償が何年も続くんだ?って事をよーく理解した2年、そして現在です。

光の刺激には耐えられないし、だから薬は必須

(安田章大さん公式ブログ「ボク。」より)

そして、ファンクラブサイト内の動画では、命に関わる病気ではないから安心してと話していた安田さんですが、2019年3月、同じ病気を患っていた友人を亡くした経験をされています。

そして安田さん自身も後々、

「病気を患ってよかった 2度も死と向き合う経験ができてよかった」

「ボクはたまたま生き延びることが出来てるから」

「ボクはラッキーだったから生きれてるんだよなーって、痛すぎる程痛感してる今です」

と公式ブログで語っています。

やはり、「命に関わる病気ではないから安心して」というのは、ファンを安心させるための嘘だったんですね。

安田さんの頭には、今も開頭した傷跡が生々しく残っていますが、本人はそれを隠すことなく、逆に目立つようなヘアスタイルにあえてしています。

病気を患っても元気に前向きに生きてるよ!ということを発信しているのかもしれませんね。

そして2019年7月から9月まで行われた関ジャニ∞デビュー15周年コンサートツアー十五祭では、ステージを所狭しと動き回り、キレのあるダンスで観客を魅了しました。

しかし、テレビ番組などでは、未だに安田さんの席にだけクッションが置かれていることが多いです。腰に負担をかけないためだと思われます。

これらのことから、安田さんの現在の病状は、完全復活とまでは言えませんが、ダンスができるくらい回復している、しかし後遺症により光の刺激には弱いため、サングラスは必須、腰にはできるだけ負担はかけられない、という状況のようです。

安田章大さんが聖火ランナーに選ばれた理由とは?

安田さんが聖火ランナーに選ばれた選考理由は公式には発表されておりませんが、

関ジャニ∞としても大切なメンバーの脱退という悲しい経験を乗り越え、安田さん自身も病気や怪我を乗り越え、同じ病気を患った友人の死…そんな壮絶な経験をしてもなお、明るくテレビやステージで元気な姿を見せているところが、多くの人たちに勇気や元気を与えている、という部分が、聖火ランナーに選ばれた理由なのではないでしょうか。

安田さんは、

「“次へと繋ぐ”をテーマとして生きているので、この責務は人生の大きな岐路です。楽しみながら次の方へ渡したいと思います」
(兵庫NEWS WEBより)

「生きていたらおばぁとおじぃ、今でも元気な親族が、そして何より16年目まで連れてきてくれたファンであるEIGHTER(エイター:関ジャニ∞のファンの呼称)のみなさんが大喜びしてくれると思います」
(ラジオ関西ニュースより)

とコメントしています。

きっと、安田さん自身が命に関わる病気をして、命を繋いでもらったからこそ、「自分の人生を全うして、次の世代へ命を繋ぐ」というテーマがあるのでしょうね。

安田さんらが走る兵庫県の聖火リレーは、5月24日と25日の2日間、兵庫県内で行われる予定とのことです。

病気を乗り越えた安田さんが、元気な姿を見せてくれるのが楽しみですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク